使用しなくなった携帯電話を不燃ゴミとして捨てる人がいますが、その人はかなり損をしています。中古の携帯電話でも再利用して購入する人もいますし、仮に破損して起動しないような携帯電話である場合でも再利用可能な部品がたくさんある場合もたくさんあります。特にiPhoneなどのスマートフォンは希少価値が高い金属が使用されており、完全ジャンク品でも10万円以上のかなり高額な査定額がつく場合もあります。しかしどんな携帯でも必ず高額買取してもらえるわけではなく、場合によっては0円に近い低い査定額となる時もあります。そうならないためにはいくつか注意点があります。ここではiPhoneなどの携帯買取を成功させるための注意点をいくつか説明していきたいと思います。

起動するだけでなく、綺麗かどうかがポイント

携帯買取の際に高額査定を狙うのであれば、起動するのが一番のポイントであるのは間違いないですが、それ以外にもポイントがありその中でもかなり大きいポイントになるのが外装の状態です。携帯の中古品販売店では外側も綺麗にして再販します。傷が入っている携帯電話だと修復費用を差し引いて買取します。通常iPhoneなどのスマートフォンだと50000円から100000円程度の買取額となりますが、画面割れなどの修復費用は30000円程度かかるので差し引いた20000円から70000円程度の買取額となります。買取を依頼しようと考えている携帯電話が破損した場合には、自分で修復する事なくそのまま持参するか、専門店で修復してもらってから買取に出す必要があります。自分で修復しようとするとさらに傷が入り査定額が0になる可能性もあるので、絶対に自己修復してはいけません。

付属品や箱も立派な商品ですよ。

携帯電話は本体だけでなく、付属品も大切な商品です。特にiPhoneなどのスマートフォンにはイヤホンや充電器も付属品として付いています。iPhoneなどのスマートフォンに付属しているイヤホンなどは市販のイヤホンと変わらない性能を誇っています。そのため一つ欠除すると1000円から2000円程度査定額が下がる可能性が高いです。マニアにとっては箱も大切な商品です。箱には製造番号が記載されており、本体の製造番号と一致した場合に価値があると考えている人がかなりいます。仮に本体の製造番号と箱の製造番号が一致しない場合には査定額が1000円程度下がる可能性があります。そのため製造番号を確認しなければいけません。携帯買取を成功させるにはこのような点に注意しなければいけません。