要らなくなった手持ちの携帯を買取に出すには、1円でも高く売りたいものです。高く売るために必要なのは、高額で携帯買取をしてくれるお店に頼むことです。業者はたくさんありますが、どこのお店でも同じ値段で売れるわけではありません。賢く売るには、工夫が必要です。とはいえ、別に難しい裏技を知らないといけないわけではありません。ここでは、賢くお店選びをするときのポイントについて紹介します。要らなくなった携帯を売れば、片付けてスッキリすることができますし、他に必要としている人の手に渡ることになるので、無駄になりません。リサイクルにも貢献できて、しかも自分の手元には買取してもらったお金が入るので、いいことずくめです。より気分良く売るためにも、業者の選び方をチェックしておきましょう。

ネット専門店だと店舗経営の店よりも高額買取

携帯買取業者の中には、店舗を持たずにネット専門で買取・販売しているところもあります。店舗を持つためには、賃貸費や光熱費などの維持費でお金がかかりますが、ネットのバーチャル店舗であれば店舗の維持費はかかりません。なので、携帯を売ってくれたお客さんに還元できるようになります。ネット専門店でどうやって査定しているのかというと、お客さんから要らなくなった携帯を郵送してもらい、それを業者の方で査定して買取額を出します。査定結果は査定が終わり次第、メールなどで業者から連絡がきます。もしその金額で納得できたら、承諾して指定の口座にお金を振り込んでもらうことができます。自分で梱包材料を用意しなくても、業者が宅配キットを無料で送ってくれるサービスもあります。

複数社に見積もりを頼んでおくのがコツ

携帯買取を頼む際には、最初から一つの業者に査定を頼むのではなく複数の業者に依頼しておくといいです。相見積もりをしておくことで、どこの業者の買取価格が一番高いかを比較できるようになります。また、相見積もりすることで業者同士を競わせて、より高い値段をつけてもらえる可能性もあります。同じくらいの買取額になったら、あとは他のサービスで比べてみましょう。例えばキャンセル料無料だったり、送料無料などのサービスを行なっているところもあります。振込費用を引いてくれるなど、細かいところで損をしないようにしている親切な業者もいるので、同じくらいの買取額になった場合は細かいサービスを見比べてみましょう。まずは相見積もりして、どこの業者の査定額が高いかを確かめてみましょう。